採用情報サイト

  • エントリー
  • セイトー オフィシャルサイトへ
安全施設事業部の先輩FILEへ
先輩5 土木事業部の先輩

先輩5 土木事業部 伏見 隆之介の仕事FILE

◆現在の仕事
現在は北陸自動車道のガードレール改良工事の施工管理をしています。工事の内容は、中央分離帯のガードレールを新しいものに変え、路肩側のガードケーブルをガードレールに強化する工事です。
また、大学で学んだCAD 技術を生かし、図面作成も任せてもらっています。
学生の時とは違い、実際に自分が描いたものが実物になるのが嬉しいです。学生時代とは重みが違いますが、経験を買っていただき任されている業務なので、とてもよい刺激になっています。

◆入社のキッカケ
小さなころからモノづくりに興味がありましたが、商業高校だったため建築大学へ進学した前例がない中、担任の先生が「やらないで後悔はしたくないだろう?!」と言って背中を押してくれました。
無事合格し、大学で建築を学んでいるうちに、施工管理の仕事に興味を持ちました。当社はガードレールの施工はもちろん、遮音壁やトンネル内の修繕工事など、いろいろなことにチャレンジできるところに魅力を感じ、セイトーへの入社を決めました。

◆この仕事の面白み、やりがい
無知なままでは出来なかったことも、少しの努力で一手先の行動ができるようになります。その努力が実った時がやりがいになっています。

◆仕事で大変なことと、目標
簡単にできる仕事ではないと思っています。
多くの事を管理し、多くの知識を持つ意思がなければ勤まらないです。 だからこそ、多くの資格取得が必要であり、日々一人前になれるよう、先輩方の背中を追いかけながら勉強中です。
大変なのは当たり前だと思っていますが、頼もしい先輩がフォローしてくださるので、思い切ってチャレンジができます。今は必要な資格をできるだけ数多く取得し、将来的に当社が建築の分野にも事業を広げていく原動力となりたいです。
土木事業部の先輩大学で学んだ知識を生かし、CADでの図面作成も任せてもらっています。

この会社の良いところ

多くの事にチャレンジできることです。
当社では、ガードレール、遮音壁、フェンス、トンネル内装板その他多くの整備に携わっています。私も入社し驚いたのですが、飲食店の経営なども行っています。
多くの事を学べて自分に力を付けられる事が当社の良いところだと感じました。

◆心がけていること
任された仕事の意味や本質まで考えることです。
現場に出れば、時間内にやらなければいけない仕事が多くあります。その一つ一つに意味があり、本質があります。何も考えず言われた事をこなしていても成長は出来ません。
「この仕事はこの為にあるんだ」と考えることで成長できるので、やりがいにもつながります。
土木事業部の先輩正しく施工されているか、一本一本確認します。

こんな人と一緒に仕事をしたい!

分からないことをそのままにしない人!
私もそうですが、入社した際は皆「分からないことが分からない」状態にあると思います。
教科書を見て理解した知識は、仕事のうち、ごくわずかな部分です。
現場に出て経験し、「次の工程はなんだろう?」自分に何が出来るかな?」と考えた時、初めて「わからない事が分かる」状態になります。
そこで分からないことを聞ける人でなければ、皆に迷惑をかけてしまいます。
当社に入社した際は、私にも周囲の先輩たちにも、遠慮せず聞いてください。
分かることは教えます。
分からないことは一緒に解決し、共に成長していきましょう。
土木事業部の先輩
このページのトップへ